出会い系サイト架空請求トラブル


出会い系サイトでおこりやすい料金トラブルについて勉強しましょう。ここでは架空請求についてその手口と被害について徹底解説!

出会い系サイトの架空請求とは

出会い系サイトの架空請求には2つのパターンがあります。

1つ目は登録している出会い系サイトで実際に利用した以上の高額な請求が来るパターン。
もう1つは出会い系サイトに登録していないのに、出会い系サイトの利用料として高額な請求が来るパターンです。

どちらも実際には使っていない料金の請求をされるところは同じですが、被害に遭う方法はまったく違います。

架空請求の被害に遭いやすい出会い系サイト

架空請求の被害に遭いやすいサイトには特徴があります。

まず登録している出会い系サイトで、利用した以上の高額請求が来る場合の多くは後払い請求の出会い系サイトです。
後払い請求とは使ったポイントが加算され、月末にまとめて請求が来るシステムです。実際に使った金額が分かり辛い為に、水増し加算がしやすいシステムです。

次に出会い系サイトに登録していないにも関わらず架空請求の被害に遭ってしまった場合は、出会い系とは関係のない登録制のサイトを疑ってみる必要があります。お小遣いポイントサイトや懸賞サイトなど、登録したサイトは出会い系とは無関係のサイトでも同時登録されている恐れがあります。
出会い系サイトじゃないから安心ではありません。

架空請求の被害に遭ってしまったら

万が一にも架空請求の被害に遭ってしまったらどうしたらいいのでしょう。

少し前には架空請求は完全に無視することが最善の策でした。間違いを正すためにでもこちらから連絡をしてしまうことで電話番号などの個人情報が流出してしまう恐れがあったからです。完全無視をしていればそれ以上の被害に遭う事はありませんでした。

しかし今は手口が巧妙化しており、架空請求であるにも関わらず裁判になってしまったという事例もあります。架空請求=無視という方程式は成り立たなくなってきていると感じる事件でした。

架空請求の被害に遭ったら公的な機関へと相談することをお勧めします。消費者センターなどに相談をすることで適切な対処方法を教えてくれます。早い対処が肝心です。

架空請求の被害に遭わないために

架空請求の被害に遭ってから悩むよりも架空請求の被害に遭わないように最低限の自己防衛をしましょう。
架空請求被害に遭わない為に気を付けるポイントを紹介します。

  1. 後払い請求制の出会い系サイトは使わない
  2. 同時登録の記述がある出会い系サイトは使わない
  3. 出会い系サイトに限らず登録制のサイト利用の前に利用規約を一読する
  4. 信頼できる相手以外から勧められたサイトは使わない
  5. 美味しすぎる話を信じない
  6. 少しでも疑問・不安に思うサイトは使わない

アクセスカウンター